積み本倉庫

日々書籍に埋もれる100冊キングと申します m(__)m ライトノベル主体で散財、コミック、アニメ、スポーツ等気になる事を記事にしていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マキゾエホリック Case:1 転校生という名の記号



 ◎ マキゾエホリック Case:1 転校生という名の記号

         (著・東 良太 / イラスト・Nino / 角川スニーカー文庫)

IMG_1364.jpg


先日行われた「第10回スニーカー大賞」”奨励賞”受賞作。  正直期待して読んだのですが、私的には少々拍子抜けな感じでした・・・。

なぜかこの作品はスニーカー大賞受賞の中では”奨励賞”と下のほうの小の割には角川の期待がものすごいですね。 各書店では大々的に扱っているし、今月のスニーカーのしおりまで特製ときたもんです・・・。

周りの騒ぎようほど熱くなれない私なんですが、皆さんの感想はどうなんでしょうか・・・。


 

  


↑  1クリックずつしてくれるとやる気アップ♪  |д゚)  ↑



クラスメートは巫女や妹、魔法少女に復讐鬼、ハーレムから電波まで・・・転向を繰り返す高浪藍子がついにたどり着いた御伽学園1年乙組はそんな常識はずれのクラスだった。 その上転向初日、同級生全てを記号化する男、灘に「君が転入生である証拠は何一つない」と告げられる!

平和な学園生活を望む彼女の身に起こる突拍子もない連続事件。 次第に明らかになる乙組のなぞ。 ここから藍子と31人の愛すべき問題児の記録が始まる・・・。




内容的には作者もあとがきで書くように「ごった煮・闇鍋」風味。  とにかくありとあらゆる要素を持った登場人物を1クラスにまとめてみた感じであろうか。

 

取り敢えず次巻も読まないとなんとも言えないとこだが、この1巻だけの感想としては「ごちゃごちゃしすぎて焦点が絞られていないから凄く間延びしている作品」にしか見えない。  正直、なんでこんなに角川が力を入れているのか理解ができないくらいに・・・。



スニーカー大賞は第2回の吉田 直、第3回の安井健太郎、第8回の谷川 流れなどの蒼々たるメンバーが名を連ねているが、今回の作品は今のところそこまで推すほどの作品には思えない。  次巻で今回のこのコメントが訂正されるような内容・出来を期待してみたい。



マキゾエホリック Case1
マキゾエホリック Case1



 

  


↑ 今日は何位? 1クリックずつしてくれるとやる気アップ♪♪ ↑ 


スポンサーサイト

コメント

初めましてw
私も、マキゾエホリック読ませて頂きましたv
私は面白いと思ったのですが、これはもしかしたら読者を選ぶ小説なのかもしれませんね。
確かに管理人サマの言うとおり、少しごちゃごちゃしてしまった部分もあるのかもしれませんが、私としてはどの部分も抜いてはならない大切な部分だと思います。……まあ、まああまり上手くまとまっていないのは作者サマの力量なのかもしれませんね。事件続きはどこを強調したいのかが薄れてしまいますし……;;
ただ、クライマックスの部分が、様々な事件を遙かに超えたインパクトがあったので良かったと思います。
管理人サマが思っている以上に、奨励賞は下位が低いモノではないと思いますよ^^
けれど、やはり奨励賞作品を大賞作品の差ははっきりしているので、それを比べてしまうのは無謀だと思います。
お金を取って読んでもらうのですから、それほどつまらない作品では無いと思いますよ。私がこんなこと言えた義理などありませんが;;
そもそも、私としては六百を超える投稿作品の中で奨励賞の中に入っただけでも素晴らしいことだと思いますよ。
それに、角川さんは、優秀賞のタマラセや奨励賞の「りん」((感じがわからなくってスミマセン;;))の時も、結構大々的に宣伝していましたよ^^
長々とした乱文申し訳ございません。
もしもご気分を悪くされたのでしたら、どうぞこのコメントは削除してしまった構いませんよ^^;
それでは。

三日みかん さん <

こちらこそ初めまして <(__)>

確かにこの作品に対してはかなり辛口な感想を書きましたが、裏を返すと事前にそれだけ期待していたという事なんですよ。(笑 

読者を選ぶ小説 < そうですね、この作品に限らず全ての小説は読者との相性があると私は考えているのでしょうがないですね。 私も好きなラノベの感想だけを書いていればいいんでしょうが、それは読んだ作品に対して申し訳ないですし、公平ではないと考えているので。(笑  
もちろん今までの角川さんの作品はほとんど読破しているので、「タマラセ」など他の歴代受賞作品も大々的に宣伝しているものがあるのも知っていますし、読んでいます♪  そしてそれらの作品らが”宣伝に負けないくらいのモノ”だったと考えています。 

少なくとも”一読者としての私”にとってはこの「マキゾエホリック」は色々な意味で物足りないと感じてしまいました。  少し厳しい意見でしょうが、作品として世に出ている以上… そしてお金を取って読んでもらう「作品」である以上はたとえどんな賞であっても「奨励賞の中に入っただけでも素晴らしい」という考え方は少し淋しい気がします。 その考え方は”著者・制作側の思考”に近い気がするんですよ… 私としては拙くても一読者サイドな感想を書きたいと思っています。 上手く表現出来なくて申し訳ないんですが…。


え~、色々と私的な意見を述べましたが勘弁してください。(笑
ただ、確かに記事の書き方や表現等は少しアンチ過ぎたところもあるので今後の記事への反省点としていこうと考えています~。 <(__)>

PS. Σ (゚Д゚;) コメントの削除なんてしませんよぉ~!(笑  
逆に三日みかん さんの意見を聞けて良かったです♪ 他の方の意見を聞けるのは凄く楽しいですし、もし良ければ是非また来ていただいて他の作品などの感想を聞かさせて頂けると嬉しいです。 

では長々とすいませんでした。 (。・x・)ゝ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kingsai.blog45.fc2.com/tb.php/51-bd562462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[東亮太] マキゾエホリック Case1:転校生という名の記号

私立御伽学園への転校初日。 遅刻はまずいと走っていた私は、公園で人間と衝突した。幼馴染に出会った。霧が視界を隠し、その中で怪人デスマスクと一人の少年と人造人間が戦っていた。 散々な目に合い、ようやく登...

マキゾエホリック Case1 転校生という名の記号

マキゾエホリック Case1:転校生という名の記号第10回スニーカー大賞“奨励賞”を受賞した作品。スニーカー大賞というと最近読んだ小説の中では「涼宮ハルヒシリーズ」が思い浮かびます。あれは自分的にかなりツボな作品でした。書店で表紙絵とスニーカー大賞受賞という言...

マキゾエホリック一巻/著:東 亮太【スニーカー文庫】

はい。スニーカー大賞の記念すべき第十回目の受賞作のようで、宣伝が大きくされていますね。奨励賞なのですが、浅井ラボ氏も奨励賞ですし、何か売れる見込みがあるのでしょう。内容は、【転校早々に自分の在籍データを消失するという不遇に見舞われた高浪藍子《たかなみらん

マキゾエホリック

マキゾエホリック Case1:転校生という名の記号著者 東亮太イラスト Ninoレーベル 角川スニーカー文庫 登場人物の多すぎる作品って理解できなくなるよね。 人気blogラン

マキゾエホリック  Case1:転校生という名の記号    東 亮太

「私はここへ、人を殺しに来ました」クラスメイトは、巫女や妹、魔法少女に復讐鬼、ハーレムから電波まで―転校を繰り返す高浪藍子がついにたどり着いた、御伽学園1年乙組は、そんな常識はずれのクラスだった。その上、転校初日、同級生全てを記号化する男、....

マキゾエホリック

マキゾエホリック Case1posted with 簡単リンクくん at 2006. 4. 5東 亮太〔著〕角川書店 (2006.2)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 今頃、っつーかようやく、っつーか消化。 タイトルからどうしても西尾維新を連想し、謳い文句か

ラノベ「マキゾエホリック Case1」感想

「マキゾエホリック Case1:転校生という名の記号」☆×1角川スニーカー文庫:著・東 亮太“第10回スニーカー大賞《奨励賞》壊滅的インパクトこれは、ライトノベル史上、最大の事

マキゾエホリック Case1 転校生という名の記号 感想

 【名】 マキゾエホリック 第01巻 転校生という名の記号 【籍】 角川文庫 スニーカー文庫 【著】 東 亮太  【絵】 Nino+ AMAZON + BK1 +【出版社 / 著者からの内容紹介】壊滅的インパクト!!なぜかトラブルに巻き込まれ転校しがち...

 | HOME | 

カウンター



since 2006/01/15

更新情報

  祝!40000HIT!!

リンク

リンク (イラストの方)

 とよた瑣織 さん

いとうのいじ さん


尾崎弘宜 さん


リンク (作家の方)

 鏡 貴也 さん

榊 一郎 さん


賀東招二 さん


三雲岳斗 さん


バナーリンク

 兎の物置

ほぼ日刊の鈴風亭


電撃文庫


只今 おすすめ


本
とらドラ3!


本
灼眼のシャナ〈13〉


本
デュラララ!!×2



10月10日 発売予定

◆ 護くんに女神の祝福を!(9) (著・岩田洋季)

◆ はにかみトライアングル(4) (著・五十嵐雄策)

◆ 狼と香辛料III (著・支倉凍砂)

◆ バッカーノ!1934 獄中編 Alice In Jails (著・成田良悟)

◆ でぃ・えっち・えぃ そのろく! (著・ゆうきりん)

◆ 彼女は帰星子女4 (著・上野 遊)

◆ 世界は悪魔で満ちている?(2) (著・相原あきら)

◆ シゴフミ ~Stories of Last Letter~ (著・雨宮 諒)

◆ “不思議”取り扱います 付喪堂骨董店 (著・御堂彰彦)

◆ サンダーガール! 2 牙ノ鳥 (著・鈴木 鈴)

◆ 二四〇九階の彼女 (著・西村 悠)


角川スニーカー文庫


只今 おすすめ


  本
神様とゲーム ハレ/クモリ/アメ/ニジ


本
ムシウタbug 4th. 夢並ぶ箱船


本
アンダカの怪造学(3) デンジャラス・アイ



10月1日 発売

◆ Add 怒れる機械のプレリュード(著・仁木 健)

◆ アンダカの怪造学IV 笛吹き男の夢見る世界(著・日日日)

◆ ストライクウィッチーズ スオムスいらん子中隊がんばる(著・ヤマグチノボル)

◆ レンズと悪魔 I魔神覚醒(著・六塚 光)

◆ アルティメット・ファクター (6) 最果てのイモータル(著・椎葉 周)




富士見ファンタジア文庫


只今 おすすめ


本
伝説の勇者の伝説10 孤軍奮闘の王様


本
殺×愛4―きるらぶFOUR


本
やっぱりヒーローになりたい!―サーラの冒険〈6〉
 



10月20日 発売予定
 

◆ まぶらほ~ストレンジ・フェノメノン~ (著・築地俊彦)

◆ 鋼殻のレギオスIV コンフィデンシャル・コール (著・雨木シュウスケ)

◆ 火魅子炎戦記7 -ひみこえんせんき- (著・舞阪 洸)

◆ 紅牙のルビーウルフ4 皓白の叛旗 (著・淡路帆希)

◆ 殺×愛5 -きるらぶ FIVE- (著・風見 周)

◆ ロケットガール1 女子高生、リフトオフ! (著・野尻抱介)

◆ 召喚教師リアルバウトハイスクール14 (著・雑賀礼史)

◆ 伝説の勇者の伝説11 君子豹変の王様 (著・鏡 貴也)


MF文庫J


只今 おすすめ


ホーム
あそびにいくヨ!(8)


本
銃姫〈7〉No more Rain


本
かのこん〈4〉オトメたちのヒミツ



9月25日 発売

◆ あそびにいくヨ!(9) (著・神野オキナ)

◆ イコノクラスト!(6) (著・榊一郎)

◆ キミを救う最初の呪文 2 (著・須堂項)

◆ 暗闇にヤギを探して (著・穂史賀雅也)

◆ ゼロの使い魔 (9) (著・ヤマグチノボル)



ファミ通文庫


只今 おすすめ


本
狂乱家族日記 六さつめ


本
まじしゃんず・あかでみいVII 父親奪還!?


本
ガーゴイルおるたなてぃぶ



9月27日 発売

◆ ときむすび (著・築地俊彦)

◆ 疾走する思春期のパラベラム (著・深見 真)

◆ カーリー ~二十一発の祝砲とプリンセスの休日~(著・高殿 円)

◆ 学校の階段3 (著・櫂末高彰)

◆ 終わる世界、終わらない夏休み ~桜井深優の終末~(著・あきさかあさひ)

◆ ファイナルファンタジーXI ~アトルガンの娘たち②~ (著・はせがわみやび)

◆ D.C.P.C.~ダ・カーポ~プラスコミュニケーション 桜たちのパルティータ(著・岡崎いずみ)

◆ 式神の城III -ワールドタイム・トラベラーズ- (著・海法紀光)



富士見ミステリー文庫


只今 おすすめ


本
SHI‐NO―天使と悪魔


本
セカイのスキマ


本
GOSICK(5)



10月10日 発売

◆ ROOM NO.1311 #8 妹さんはオプティミスティック(著・新井 輝)

◆ セカイのスキマ2(著・田代裕彦)

◆ 星屑エンプレス2(著・小林めぐみ)


集英社SD文庫


只今 おすすめ


本
紅―ギロチン


本
戦う司書と神の石剣


本
はっぴぃセブン・FINALシーズン〈vol.1〉命みじかし恋せよ福娘



9月25日 発売

◆ 黄色い花の紅 (著・アサウラ)

◆ Beurre・Noisette ブール・ノアゼット 世界一孤独なボクとキミ (著・藍上 陸)

◆ フレイアになりたい (著・岡崎裕信)

◆ 戦え! 松竹梅高等学校漫画研究部 (著・番棚 葵)



GA文庫


只今 おすすめ


本
神曲奏界ポリフォニカ スパーティング・クリムゾン


本
デモンズサモナー2 薄暮の灯火



2月15日 発売

◆ 神曲奏界ポリフォニカ -ストラグル・クリムゾン-(著・榊 一郎)

◆ かむなぎ 不死に神代の花の咲く(著・沖垣 淳)

◆ ここは魔法少女育成センター2 どうしろと?(著・久美沙織)

◆ 戦塵外史① 野を馳せる風のごとく(著・花田一三六)



HJ文庫


只今 おすすめ


本
プリンセスはお年頃!(1)


本
うらにわのかみさま(1)



10月1日 発売

◆ プリンセスはお年頃!2 (著・榊一郎)

◆ はじまりの骨の物語 (著・五代ゆう)

◆ せんすいかん その2(著・水城正太郎)

◆ 学校の階段3 (著・櫂末高彰)

◆ くじびき勇者さま 1番札 誰が小娘よ!?(著・清水文化)

◆ 戦艦人間ハヤト 起動! 白銀の宇宙戦艦!! (著・大迫純一)



Z 文庫


只今 おすすめ


本
ウェイズ事件簿3 深き闇の彼方へ


本
青い髪のミコ



9月20日 発売

◆ ヤクザガール・ミサイルハート(著・元長柾木)

◆ 影踏みシティ(著・あらいりゅうじ)




その他 出版社


只今 おすすめ


本
×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル


本
ヤングガン・カルナバル―ドッグハウス


本
オンタロスの剣―クラッシュ・ブレイズ


本
緑のアルダ〈第2部〉守龍編―龍の歌


本
D‐白魔山〈下〉―吸血鬼ハンター〈17〉


本
創竜伝〈13〉噴火列島



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。